« 仮病? | トップページ | 春の嵐? »

2008年2月22日 (金)

その後のダイナ

 先週末、具合の悪かったダイナ。

あれ以来、何事もなく、ヒートが来る様子もない。

P2210094 食欲もあるし、散歩も普通に行っています。

本当に原因は不明でした。

ダイナの心臓は「房室解離」という病気です。

普通、心臓は電気信号を受けて動いてるはずなのですが、ダイナの信号は届いていないらしいのです。

では何故動いているのか?

「不明」だそうです。 

何故か?何かの拍子に動いているみたいなのです。

ダイナの脈拍数は普通のイヌに比べて3分の1くらいしかありません。

心臓専門の獣医さんに検査していただいた時も「不思議」 「初めて見る心電図」と言われてしまいました。

完治の方法はありません。 獣医の姉でさえ、「医龍のアサダ先生でも治せないよ」と素人に分かり易い?説明をしてくれました。(笑)

ペースメーカーを入れる方法はあるみたいなのですが、もう10歳の高齢犬に(いくら若作りとはいえ)、大手術というリスクをかけることが本当に最良の決断なのか、判断が出来ずにいます。

検査の時も先生が驚いていたのですが、心臓がこんな状態なのに、今まで一度も発作を起こしたり、倒れたりしたことがないのです。

そんな切羽詰まった症状が何度もあるなら、手術という選択もとるのですが。

確かに、子供の頃から比較的におとなしく、はしゃぐのも一瞬。走っても、すぐにやめて座って休みます。それもごく自然に。アフガンらしいと言えばそうかなあという感じに・・・。

たぶん小さい頃から、そんな自分の心臓と上手く折り合いをつけて、辛くなる前に休むを繰り返していたのだと思われます。 そしてこれからも。

P2220102

 ダイナの胸に耳をあてると、心臓の音が聞こえます。    

 「トク・トク・トク・ト ・トク・  ・トク・・・・」

 時々「休み」が入るリズム感の悪いメトロノームのように。   

それでも動いているか確認の為、「トク・トク・・・」

動いてるならいいね。 P2220105

走らないくせに入りたがるドッグランで、大体は体育を見学しているコのように皆を眺めていることが多いダイナですが、 たまにお気に入りの男子がいると、一緒に走ってしまい、見ているこちらは嬉しいながらもハラハラしてしまいます。

ダイナの判断を信じて見守っています。

心臓の音、リズムがいいか聞いてみて下さい。

どうか音痴じゃありませんように・・・。

004

ねえねえ、イタグレのブログじゃなかったっけ?

あたしの話はしなくていいの?

心臓? 大丈夫。 

リズム感には自信があるの。

しかも毛も生えてるかも・・・。

でも、家の中だけね。 お外は怖いの。

ビビりだから。 エヘ。

そうだったね。 忘れてたわけじゃあないのよ。

それより、首の後ろの肉、ヤバくない??

セーターのこともしばらくほったらかしになってました。

春・秋用のオーガニックコットンのセーターを作りました 。

P2220004P2220001

P2220129

 タバサがちゃんと写真を撮らせてくれないので、

詳細は次回。

 編み込みが大変で、これは1日では無理です。

(誰に言い訳してるのでしょう・・・?)

|

« 仮病? | トップページ | 春の嵐? »

犬・生活」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜♪
ダイナちゃん、その後 何事もなく良かったです。
持病があると尚更 少しの変化でも心配になってしまいますよね。
心臓は とっても難しそうなご病気なんですね。
でも 今まで一度も発作などがないなんて、ダイナちゃんは生命力が
と〜っても強いんでしょうね。で、自分の体は 自分が一番分かって
いるんですね きっと。

新作ニット、可愛いです♪♪
確かに、これは一日じゃ無理ですね〜 柄が細か〜い!!

投稿: お姉ポン | 2008年2月23日 (土) 23時31分

 あ、言い訳バレましたか?(笑)
ちょっと懲りすぎて時間がかかってしまいました。
今度、作ってみませんか?
お姉ぽんさんなら器用だから出来そうな気がするのですが。
 
姉が獣医になってから、難しい病気の犬猫が家に来るようになりました。
これも選ばれてるのかな?と思って、あたふたせずに付き合っていきたいなと考えています。

投稿: ゆみ姐 | 2008年2月24日 (日) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508295/40389683

この記事へのトラックバック一覧です: その後のダイナ:

« 仮病? | トップページ | 春の嵐? »